ホーム→専門看護師について

専門看護師について

専門看護師とは、社団法人日本看護協会の定める専門看護師認定審査に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有する事が認められた者をいいます。

上記における専門分野とは、変化する看護ニーズに対して、独立した専門分野として知識及び技術に広がりと深さがあると制度委員会が認めたものをいいます。

参考までに下記に専門看護師登録者数の年次推移と、専門看護分野の認定開始年月をまとめてみました。

西暦  登録者  認定開始分野
1996
6人
がん看護 精神看護
1997
11人
地域看護
1998
14人
1999
15人
2000
19人
2001
26人
2002
40人
老人看護 小児看護
2003
71人
母性看護
2004
99人
慢性疾患看護
2005
140人
急性・重症患者看護
2006
186人
感染症看護
2007
240人
2008
304人
家族支援
2009
452人
2010
451人

専門看護師の認定審査を受けるには下記のような条件があります。
@日本国の保健師、助産師及び看護師のいずれかの免許を有する事
A看護系大学修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位)を取得している事
B実務経験が通算5年以上(そのうち3年間以上は専門看護分野の実務研修、このうち6ヵ月は修士課程修了後の実務研修であること)

そして認定審査(書類・筆記)を突破してようやく専門看護師の資格を得る事ができます。